アーコールの椅子の仕上げに関して

アーコールの椅子の仕上げに関して
EC356ゴールドスミスチェア】

ゴールドスミスメンテナンス前1

メンテナンス前。
1960年台の製品です。


ゴールドスミスメンテナンス前3

ワックスが汚れを巻き込んで固まってます。



ゴールドスミスメンテナンス前2

接合部があまくなり、グラグラしてます。



以下メンテナンス工程です。
ゴールドスミスメンテナンス1

一度全て解体します。



ゴールドスミスメンテナンス2
解体後は接着剤を充填し
クサビを新しく入れます。



ゴールドスミスメンテナンス3
部材ごとにしっかりとクランプで締め
接着剤が硬化するまで固定します。


ゴールドスミスメンテナンス4
塗膜をサンディング(研磨)し
弊社オリジナル調合の水性ステインを塗布します。

ステイン乾燥後
少し艶がある程度に水性ウレタンを塗布します。
艶を調節し3〜4回、濃度を変えながら塗布します。



以下メンテナンス完了後です。
ゴールドスミスメンテナンス後



ゴールドスミスメンテナンス前4

メンテナンス前(画像左)とメンテナンス後(画像右)を
比較しました。



できるだけ艶感を抑えた場合は以下のような仕上げとなります。
【EC456スモーカーズチェア】

スモーカーズチェア3


スモーカーズチェア1

通常のアーコールチェアのメンテナンス後の塗膜より

少し薄い塗膜です。

スモーカーズチェア2




通常の弊社の仕上げと、艶をできるだけ抑えた仕上げを
比較しました。
スモーカーズチェア4





「ウレタンで仕上げるって、もしかして分厚くてピカピカしてしまうのでは?」

と心配になってる方ご安心ください。

しっとりと味わいある艶感で仕上げさせていただきます。


「艶はとにかく抑えて!」と言う方

お任せください。

木の質感を感じる程度の塗膜調整が可能です。
新入荷
家具
照明
雑貨
時計
ミラー
ドア・ドアノブ・ハンドル
店舗什器
ストックセール
ERCOL<sub> アーコール</sub> G-Plan<sub> Gプラン</sub> インダストリアルデザイン DESIGN<sub> デザイン</sub> SCENE Archive<sub> コーディネート</sub> SOLD ARCHIVE